江釣子ライオンズクラブメンバーによるコラムやお知らせ

We Serve われわれは奉仕する
ライオンズクラブ国際協会2R2Z 332-B
江釣子ライオンズクラブ

ふれあいニュース

第9号 通算365号 2021年3月号

菅野ライオンの顔写真最近、思うこと

市民環境委員長 L.菅野秀和

最近暗い話題が多いので景気のいい話として2月15日東京株式市場で日経平均終値は、前営業日比564円08銭(1.91%)高となり、30,084円15銭。1990年8月2日以来30年半ぶりに3万円の大台に乗せました。

1990年当時、私はまだ14歳でしたので好景気の恩恵を受けた記憶は全くありません。どういう年だったか振り返ってみようと思います。

第一回センター試験実施、雲仙普賢岳、即位の礼、秋山豊寛さん日本人初の宇宙旅行、スーパーファミコン発売といった感じです。私が記憶に残っているのはベルリンの壁をハンマーでたたき割っている映像と週刊少年ジャンプでスラムダンクがスタートしたことぐらいですね。

実は日本ではこの年にバブル経済の「崩壊」が始まり、日経平均3万円台から一気に2万円台に下降していき、そして1991年は湾岸戦争に突入していきます。

日銀の公定歩合(当時)は年率6%。これがどういうことかというと、郵便貯金の定期貯金金利(3年以上)で6.33%もあったわけで、郵便貯金で100万円を3年預けると税引き前で20万円利息が付いたということです。保険業界も予定利率5.5%~5.75%でこの当時の終身保険や個人年金がいわゆるお宝保険です。ちなみに現在の予定利率は0.25の標準利率を基に決まりますがほぼ増えない状態です。

あれから30年たって日経平均3万円台に回復、リーマンショックの時の7,000円台からここまで回復するとは…
ただ日経平均は値がさ株の影響を受けやすいので一部の優良企業に日銀の金融緩和であふれたお金が集まっているのかななんて思ったりしますが、投資などで運用をしておいたほうがいいのは間違いなさそうですね。


お誕生日おめでとうございます

佐藤ライオンの顔写真

3/14
L.佐藤民生

菊池ライオンの顔写真

3/24
L.菊池大助
このページのトップへ戻る